BLOGブログ
BLOGブログ

武蔵新城にある当接骨院のブログをぜひご覧ください

武蔵新城の当接骨院にお越しの方は当院のブログをご覧ください

武蔵新城にある当接骨院では、当院で行う施術やスタッフの日常をブログにて皆様にお届けしております。
当院では、初めての方も通いやすいように、アットホームで親しみやすい雰囲気作りを心掛けております。
当院に在籍するスタッフは、親切丁寧で優しいスタッフばかりですので、お体の不調やお悩みに関することでしたら、お気軽にご相談ください。
武蔵新城で通える接骨院をお探しでしたら、当院のブログをご覧いただき、ご来院を検討する際の参考にしていただければ幸いです。

  • シンスプリント(脛骨過労性骨膜炎)

    2020/02/29
    ランニング、ジャンプ、ターン、ストップなどに伴う足関節の反復性底背屈により、下腿後面内側筋群に疲労が起こり、これらの筋の伸展性低下を引き起こし、その結果、下腿後面内側筋群の牽引により脛骨骨膜に損傷や炎症をきたします。さらに、足部疲労によるショック吸収能の低下や足部過回内も原因となって起こります。 脛骨内側後縁部に沿った疼痛、圧痛を主訴となり、ストレッチング痛や抵抗運動痛などもみられます。また...
  • オスグッド・シュラッター病

    2020/02/28
    オスグッド・シュラッター病は、10歳代前半の脛骨粗面部に疼痛と腫脹を生じる骨端症の1つです。スポーツ活動をしている男児に多いです。 脛骨粗面の骨化が完成する以前の力学的に弱い時期に、日常生活動作やスポーツ活動で大腿四頭筋の収縮が脛骨粗面を繰り返し牽引することによって発生します。 ランニングや階段の昇降など大腿四頭筋を強く収縮させる動作時に、膝蓋靭帯付着部に限局して疼痛が認められます。症状が進...
  • 上腕骨外側上顆炎 テニス肘

    2020/02/27
    上腕骨外側顆には、外側上顆という骨突出部があり、手関節ならびに手指の伸筋群、回外筋の起始となっています。これらの筋群の使い過ぎによって、起始部の微小な断裂や変性、骨膜の炎症などが起こり、運動痛を生じるようになったものです。 日常生活の中で発症する場合は、30~50歳の女性に多いです。テニスをはじめとして手を使うスポーツで発症することも多く、テニス肘とも呼ばれます。バックハンドで正確にボールを捉え...
  • 足関節捻挫

    2020/02/25
    足関節捻挫は日常的にみられる外傷の1つであり、米国では1日23000件の発生があるともいわれています。足関節捻挫の重度は靭帯断裂であり、損傷する靭帯群により、外側靭帯損傷、内側靭帯損傷、脛腓靭帯損傷に分けられる。また、受傷機転により内がえし捻挫と外がえし捻挫に分けられる。足関節捻挫は、不安定性、反復捻挫および痛みなどの後遺障害を残すことがあります。 1)外側靭帯損傷 足関節捻挫の多くは内が...

武蔵新城にある接骨院に通うなら、親切丁寧な対応で初めてご来院される方も通いやすい当院をご利用ください。
当院では、皆様にリラックスして施術を受けていただけるように、アットホームな空間作りにも力を注いでおります。
初めてお越しになる方も、ごゆっくりくつろぎながら施術を受けていただけますので、ご安心いただければ幸いです。
当院に在籍するスタッフは、施術や治療を多く任されてきた熟練の技術を持つスタッフばかりですので、皆様にもきっとご満足いただけるはずです。
患者様の身体の不調やお悩みに真摯に向き合いますので、分からない点や不安な点がございましたら、些細なことでも構いませんので、お気軽にスタッフにご相談ください。
神奈川県川崎市エリアをはじめとする武蔵新城で接骨院をお探しでしたら、患者様のお悩みに寄り添う真心診療の当院をお選びください。