BLOGブログ
BLOG

腱鞘炎・ばね指|武蔵新城のY's鍼灸接骨院

2021/06/04

武蔵新城のY's鍼灸接骨院は、腱鞘炎・ばね指についてご説明いたします。

腱鞘炎にはいくつかの原因があり、最も多いのは繰り返し手を使うことによって機械的な刺激が、腱の周りの組織に加わり炎症を起こすものです。その他には、関節リウマチによるものや結核性腱鞘炎や他の細菌によって起こる化膿性腱鞘炎などがあります。

屈筋腱腱鞘炎(指を曲げる筋肉の腱)では、指の付け根であるMP関節の部位で、屈筋腱(指を曲げる筋肉の腱)と腱鞘(腱が通っている鞘)との相対的なサイズの不均衡により、腱が腱鞘の中を動くときに擦れてしまい、炎症が発生して起こります。指を伸ばしたり曲げたりする際に弾発現象を起こすため、ばね指と呼ばれます。

成人の場合では、中年女性に好発して、親指が最も多く、中指、薬指、人差し指、小指の順になります。

最初の頃は、指を動かした時の痛みだけのことも多く、指の付け根ではなく指先の関節(PIP・IP関節)に痛みを訴えることもあります。また、手指のこわばりや指の曲げ伸ばしで弾発現象もみられます。次第に症状が悪化すると、自力で指を伸ばすことができなくなり、片方の手で伸ばしてあげなければいけなくなります。

治療としては、テーピングや運動制限などにより患部のストレスを軽減させて炎症を抑えていきます。また、超音波などの物理療法により炎症をさらに抑えて、手技療法によって筋肉や腱の柔軟性を高めて、腱が腱鞘の中をスムーズに動けるようにしていきます。