BLOGブログ
BLOG

ハムストリングスの肉離れ|武蔵新城のY’s鍼灸整骨院

2021/07/16

武蔵新城のY's鍼灸整骨院は、ハムストリングスの肉離れについてご説明いたします。

ハムストリングスの肉離れは、ハムストリングスが収縮しようとしている状態で伸展された時に発生しやすいといわれています。下腿が振り出されてから接地にいたる際や接地から蹴り出される際に起こりやすいです。大腿四頭筋の肉離れと同様に筋腱移行部で生じやすいです。まれではありますが、膝伸展位で股関節屈曲を強制された際にもみられます。この場合は強い介達外力により坐骨結節付近で完全断裂が生じます。受傷時は、力が抜けるような大腿部後方の鋭い痛みや音が聞こえるような突然の衝撃を感じることが多いです。

その他の要因として、①筋疲労、②先行する筋損傷の存在、③適正なウォーミングアップの欠如、④筋の柔軟性の低下、⑤下肢長の不一致、⑥ミネラルの不足、⑦左右のハムストリングス筋力のアンバランス、⑧ハムストリングスと大腿四頭筋の筋力のアンバランスなどが考えられます。

症状としては、損傷部位に圧痛があり、腫脹、皮下出血斑、筋の硬結や陥凹などが重症度に応じてみられます。陥凹は損傷後に数時間が経過すると、血腫が欠損部を満たしてしまい触れにくくなります。また、重度損傷では膝関節の完全伸展ができなくなります。

損傷初期は重症度に関係なくRICE処置を行い、疼痛を緩和するため超音波や電気治療をして、損傷の程度によっては包帯やサポーターなどで固定を行います。組織の損傷が修復し疼痛が軽減してきましたら、筋の柔軟性やバランスの回復、筋力強化などを行ってきます。