BLOGブログ
  • サッカー

    膝痛 鵞足炎|武蔵新城のY's鍼灸接骨院

    2022/01/09
    武蔵新城のY's鍼灸接骨院は、膝痛の鵞足炎についてご説明いたします。 鵞足は、大腿前面の筋肉である縫工筋、大腿内側の薄筋、大腿後面のハムストリングスである半腱様筋の腱が脛骨内側部に付着する部分の総称になります。ここの鵞足部に生じる炎症を鵞足炎といいます。 ランニングやダッシュ動作が多いスポーツ選手によくみられ、単にオーバーユースによるものだけではなく、ガングリオンや外骨腫が原因となる場合もある...
  • マラソン

    腸脛靭帯炎・ランナーズニー|武蔵新城のY's鍼灸接骨院

    2021/10/29
    武蔵新城のY's鍼灸接骨院は、腸脛靭帯炎・ランナーズニーについてご説明いたします。 腸脛靭帯は骨盤の腸骨稜から脛骨のガーディー結節にかけてある靭帯で、この靭帯と大腿骨の外側上顆との間で膝の屈伸運動のときにこすれ合い摩擦を引き起こして炎症を生じるのが腸脛靭帯炎になります。女子よりも男性に多くて、下肢のアライメントとも関係するといわれていて、O脚や偏平足で多いともいわれています。スポーツでは、陸上の...
  • オスグッド・シュラッター病|武蔵新城のY's鍼灸接骨院

    2020/02/28
    武蔵新城のY's鍼灸接骨院は、オスグッド・シュラッター病についてご説明したします。オスグッド・シュラッター病は、10歳代前半の脛骨粗面部に疼痛と腫脹を生じる骨端症の1つです。スポーツ活動をしている男児に多いです。 脛骨粗面の骨化が完成する以前の力学的に弱い時期に、日常生活動作やスポーツ活動で大腿四頭筋の収縮が脛骨粗面を繰り返し牽引することによって発生します。 ランニングや階段の昇降など大腿四頭筋...
  • 膝痛 変形性膝関節症|武蔵新城のY's鍼灸整骨院

    2019/05/24
    武蔵新城のY's鍼灸整骨院は、変形性膝関節症についてご説明いたします。変形性膝関節症は、関節軟骨の変性を基盤とした疾患であり、男女比はほぼ1:3で、日本では、変形性膝関節症の85%以上が内反変形を呈し、外反変形を呈する例は少ないです。 膝関節のこわばる感じを初徴とするものが多く、長く正座したりあぐらをかいた後に立ち上がる際の疼痛や、膝が伸び難いことを訴えます。通常、座位から立ち上がる時の疼痛は歩行...