BLOGブログ
BLOG

膝痛 鵞足炎|武蔵新城のY's鍼灸接骨院

2022/01/09
サッカー

武蔵新城のY's鍼灸接骨院は、膝痛の鵞足炎についてご説明いたします。

鵞足は、大腿前面の筋肉である縫工筋、大腿内側の薄筋、大腿後面のハムストリングスである半腱様筋の腱が脛骨内側部に付着する部分の総称になります。ここの鵞足部に生じる炎症を鵞足炎といいます。

ランニングやダッシュ動作が多いスポーツ選手によくみられ、単にオーバーユースによるものだけではなく、ガングリオンや外骨腫が原因となる場合もあるので注意をしなければいけません。

ランニングの量の調節やランニングフォームの改善のほか、練習前のウォーミングアップとハムストリングスにストレッチング、練習後のアイシングの徹底などが望まれます。

当院では、ストレッチや抵抗などをかけて検査をして、どの筋肉が鵞足炎を引き起こしているのかを鑑別していきます。鵞足炎を引き起こしている筋肉が鑑別できたら、その筋肉の柔軟性や伸張性を高めていきます。また、過剰な関節の歪みや捻じれも、筋肉や腱の摩擦が高くなって炎症が起こりやすくなりますので、関節調整も行い、バランスを整えていきます。