BLOGブログ
  • 坐骨神経痛|武蔵新城のY's鍼灸接骨院

    2022/11/09
    武蔵新城のY's鍼灸接骨院は、坐骨神経痛についてご説明いたします。 坐骨神経痛は、坐骨神経に沿って下肢から腰背部にかけて疼痛をきたすもので、80%は腰椎椎間板ヘルニアが原因とはいわれていて、30~40代の発症がもっとも多いです。 坐骨神経痛の原因としては、腰椎椎間板ヘルニアによることがもっとも多いです。椎間板は、中心にあるゲル状の髄核と周囲の線維輪とからなり、隣接する上下の椎体間に働く力を吸収するシ...
  • 腰椎分離症|武蔵新城のY's鍼灸接骨院

    2022/10/09
    武蔵新城のY's鍼灸接骨院は、腰椎分離症についてご説明いたします。 腰椎分離症は、腰椎の上関節突起と下関節突起の間をつなぐ椎弓の峡部という狭い部分において骨性の連続性を欠く状態のものをいいます。大多数の症例では青少年期の過度のスポーツが原因と考えられることから、青少年における腰痛の原因疾患の1つとして重要です。多くは第5腰椎に発生し、X線学的には45°斜位撮影像でよくとらえられます。 エスキモーで...
  • 腰椎椎間板ヘルニア|武蔵新城のY's鍼灸接骨院

    2019/02/28
    武蔵新城のY's鍼灸接骨院は、腰椎椎間板ヘルニアについてご説明いたします。腰椎椎間板ヘルニアとは、脱出した椎間板組織が神経根を圧迫して、腰・下肢痛を引き起こす病態をいい、退行性疾患の代表的な疾患です。特徴的な自覚症状は、腰痛や下肢痛・しびれであり、筋力低下を生じることもあります。また、ヘルニアが巨大な場合は膀胱直腸障害が出現することもあります。 椎間板ヘルニアの直接の発生機転は不明な点が多いです...
  • ロゴ

    腰部脊柱管狭窄症|武蔵新城のY's鍼灸接骨院

    2018/12/20
    武蔵新城のY's鍼灸接骨院は、腰部脊柱管狭窄症についてご説明いたします。腰部脊柱管狭窄症とは、脊柱管内を走行している神経組織(馬尾、神経根)と周囲組織(骨あるいは軟部組織)との相互関係が何らかの理由で破綻し、神経症状が惹起された状態をいいます。相互関係の破綻の主な原因は、神経組織に対する周囲組織の機械的圧迫です。腰部脊柱管狭窄症には、様々な疾患や病態が混在しています。              ...
  • 筋・筋膜性腰痛|武蔵新城のY's鍼灸接骨院

    2018/11/06
    武蔵新城のY's鍼灸接骨院は、腰痛、筋・筋膜性腰痛症についてご説明いたします。筋・筋膜性腰痛とは、いわゆる「腰痛症」の1つであり、筋の異常緊張により腰痛をきたすと考えられています。腰部の筋の圧痛を主訴として、典型的には有痛性の筋肉の硬結(しこり)があります。急性のもの、慢性のものがあり、疼痛による前屈制限が特徴とされていますが、実際には後屈でも痛みがでるものもあります。 また、脊柱起立筋部の緊張...
< 12 >