スポーツ外傷・障害
SPORTS INJURYスポーツインジャリー

武蔵新城の当接骨院はスポーツ外傷・障害の高い専門性があります

武蔵新城のY's鍼灸接骨院はスポーツ外傷・障害に対応した施術が信頼されています

スポーツ外傷・障害とは、スポーツの試合や練習中に起こってしまう怪我や痛みのことをいい、スポーツ傷害ともいわれています。

スポーツ外傷は、練習や試合などで転倒や衝突などの1回の外力によって身体が傷つけれて怪我をしてしまうことをいい

損傷される組織や程度によって骨折、脱臼、捻挫、挫傷(肉離れ)、打撲、創傷、腱断裂、神経損傷、血管損傷などに分けられ

特殊なものとして脳震とうや臓器破裂などもあります。

スポーツ障害は、練習や試合などで繰り返される過度の運動負荷によって、微細な損傷が蓄積されて生じてしまい

筋肉や腱、靭帯、関節、骨などに発症する痛みをいいます。スポーツ外傷と比較すると痛みは軽度なものが多いですが

運動時の痛みは持続する傾向にあり長期間をかかることもあります。

スポーツ外傷・障害は、初期処置とその後の施術方法がとても大切となり、スポーツ復帰までの過程が大きく変わってきます。

スポーツ外傷は、突発的な予測できなかった大きな外力によって起こります

スポーツ外傷とは、スポーツの試合や練習中に転倒や衝突などの1回の大きな外力によって組織が損傷されることをいいます。

スポーツ選手とのコンタクトプレーなどによって起こる接触性外傷と、着地や切り返し動作などによって体のバランスを崩してしまい起こる非接触性外傷に分けることができます。

スポーツ外傷は、大きな外力や予測していなかった外力によって起こるものですが、バランス能力や筋の反応速度を高めることによって、損傷の程度を抑えたり予防することもできます。

スポーツ外傷の代表的なものとしては、頸椎捻挫、肩関節前方脱臼、腱板断裂、肘関節脱臼、手関節捻挫、腰部捻挫、膝前十字靭帯断裂、膝半月板損傷、足関節捻挫、アキレス腱断裂などがあります。

スポーツ障害は、繰り返される過度な運動負荷によって組織が損傷したものです

スポーツ障害とは、スポーツの試合や練習中に繰り返される過度の運動負荷によって生じる組織の微細な断裂や炎症が筋肉や腱、靭帯、関節、骨などに痛みがでたものをいいます。

スポーツ障害の原因としては、運動量が多すぎる使い過ぎ(オーバーユーズ)や運動の負荷が強すぎる(オーバーロード)が考えられます。また、筋肉の柔軟性の低下や関節が過度に緩すぎてしまったり、アライメントの異常(O脚、X脚、偏平足、凹足)、正しいフォームができない(ミスユーズ)なども考えられます。

筋力や柔軟性、可動域、バランスなどの身体機能を高めることによって、スポーツ障害の予防となりスポーツパフォーマンスも高めることができます。

スポーツ障害の代表的なものとして、野球肩、野球肘、テニス肘、筋筋膜性腰痛、腰椎分離症、オスグット・シュラッター病、鵞足炎、シンスプリント、足底筋膜炎などがあります。

スポーツ外傷・障害には、応急処置RICE(ライス)がとても大切です

スポーツ外傷・障害が発生した時には、応急処置RICE(ライス)がとても大切です。

RICE(ライス)とは、Rest(安静)、Ice(冷却)、Compression(圧迫)、Elevation(挙上)の各処置の頭文字をとったものです

Rest(安静)は、運動を中止して患部への血流量を減らしたり、患部を固定して局所的な安静にします。

Ice(冷却)は、患部の代謝を抑えることで二次的低酸素症を最小限にし、痛みを軽減させます。

Compression(圧迫)は、損傷した組織から細胞液や血液を漏れ出すのを抑えたり、痛みを軽減させる効果もあります。

Elevation(挙上)は、患部を心臓より高く上げることにより、患部への血流を緩やかにして、また患部からの静脈の流れを促進します。

スポーツ外傷・障害の発生時に応急処置RICE(ライス)を行うことによって、炎症が抑えられて患部の回復が早まりますので積極的に行いましょう。

武蔵新城の当接骨院は、スポーツ外傷・障害の施術に高い実績があります

武蔵新城の当接骨院は、スポーツ外傷・障害の施術を積極的に行っています。

スポーツ外傷では、患部の状態を詳細に評価して、適切な施術を丁寧に行います。

患部の評価は、腫脹や熱感、圧痛、変形、徒手検査などを行い、どの組織が損傷したのか、損傷の程度はどれくらいなのかを評価します。損傷した組織が筋肉や腱、靭帯、半月板なのか、骨折はないのか、また、損傷の程度が、軽度・中等度・重度のどれにあたるのかなどを評価します。患部の固定が必要な場合は、損傷の程度にあわせて、テーピングやサポーター、包帯、ギプス固定などを行い、患部を安静に保ち炎症を抑制して組織の修復を促進させます。

スポーツ障害では、患部の状態を評価するのはもちろんですが、発生してしまった原因を把握することも大切になってきます。筋肉の柔軟性低下や関節の可動域制限、筋力の低下、アライメントの異常、また、練習量が過多になっていたり、フォームが適正でなかったりなどさまざまな原因が考えられます。

スポーツ外傷・障害となった原因とその結果としてあらわれた患部を丁寧に評価・施術を行い、早期の回復を目指して再発予防をしていきます。

急性期では、患部の炎症をコントロールして痛みを抑えていきます。亜急性期では、炎症をコントロールしながら、血流を促進して組織の修復を促していきます。回復期では、筋肉の柔軟性や関節の可動域制限を回復させ、筋力の強化や機能を高めていきます。

スポーツ外傷・障害の予防には、日頃のセルケアがとても大切です

スポーツ外傷・障害の予防には、日頃から行うセルフケアがとても大切になります。

セルフケアには、アイシングやストレッチング、エクササイズ、交代浴、温浴、十分な睡眠、適切な栄養をとるなどいろいろな方法がありますが、セルフケアの基本は、ストレッチンングになります。

ストレッチングには、筋肉の柔軟性や体の疲労を回復させてくれる効果があります。

ストレッチングによって、筋肉の伸張性が高まると関節の可動域も拡大しますので、筋力も発揮しやすくなり、体の歪みも整えられます。

ストレッチングには、いろいろな方法がありますが、スタティックストレッチ(静的ストレッチ)が有効となります。

息を吐きながらリラックスして反動をつけずにゆっくりと30秒くらい伸ばしていきます。反動をつけてしまうと筋肉が反射を起こしてしまい、あまり伸張されなくなってしまいます。

ストレッチングは、柔らかい組織から伸張されていくので、硬くなってしまった部位は通常より長く伸ばしたり、回数を多めに行うと効果が高まります。

スポーツがうまくなるために毎日、厳しい練習を繰り返して行うように、スポーツ外傷・障害の予防であるセルフケアも、とても大切ですので日頃から繰り返して行いましょう。